アスタキサンチンが多く含まれる食品は?

2014年10月13日 / 未分類

毎日を健康に過ごす健康ブームにおいて、この言葉が脚光を浴びるきっかけとなったのが体の酸化になる危険性です。この酸化というのは人間は呼吸をすることで代謝を起こして細胞を若返らせて脂肪を燃やし活力としますが、その酸素が役目を終えると体に残るのですが紫外線や不摂生が原因で活性酸素となり体に悪影響を与えることになります。そのため毎日を健康に過ごすに置いて近年この活性酸素を除去する力のある食品として注目されているのがアスタキサンチンであり、これは海に生息する生き物の中で赤色を帯びているものに等しく含まれている特有の成分です。このアスタキサンチンを摂取すると酸化の原因のひとつである体内にある余分な脂肪を燃焼させる効果によって酸化しにくい環境を作り、そして体の中に存在している活性酸素にも影響をして古くなった酸素と悪い影響を結び付けているものを切り離して無害化する効果があるため健康によいといえます。この成分が入っているはカニやエビと鮭といくらといったものがそれに該当し、これらの中でこのアスタキサンチンが多く含まれるのは鮭とその子供であるいくらです。その理由としては鮭は水深が浅い海底にすむため、そのえさにはこの成分が入っているオキアミといったエビやカニの子供を好んで食べるため必然として多くの成分を蓄積できることが理由と言えます。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る