カテゴリー「未分類」の記事

健康への効果は?

2014年10月13日 / 未分類

アスタキサンチンは美容で有名になりましたが、アスタキサンチンがもつ強力な抗酸化力は健康にも凄い力があります。
アスタキサンチンは、リコピンやβカロテンと同じ仲間のカロテノイドになります。
よく、抗酸化力が強いビタミンEやβカロテンで美容や健康に効果的なんて話を昔は聞いていましたが、アスタキサンチンはそのビタミンEの約1,000倍、βカロテンの100倍の抗酸化力をもっているのです。
強力な抗酸化力を持つアスタキサンチンはLDLコレステロールが酸化するのを防ぐ力もあります。
LDLコレステロールが酸化されると、動脈硬化の原因になったりします。
そのLDLコレステロールの酸化を強力に防ぐということは、動脈硬化防止にも効果があるということになります。
もちろん、ビタミンEやβカロテンは免疫力アップに効果があることが知られていますが、アスタキサンチンはさらに優れた力を持っています。
また、アスタキサンチンの抗酸化力には他にも効果があります。
身体の皮脂が酸化されることで、発生するまたノネナールは加齢臭の原因であることが知られています。
アスタキサンチンが持つ強力な抗酸化力でノネナールを抑制することができるのです。
このように、美容以外にも健康効果などに絶大な効果を発揮するアスタキサンチンはこれからの美容と健康には不可欠な存在になるかもしれません。

配合化粧品の効果について

2014年10月13日 / 未分類

配合化粧品はさまざまな有効成分が取り入れられているものということになりますが、
やはり注目すべき点はその成分だけではなく、濃度がどうであるかということも重要です。
有効成分がさらに濃い状態で配合されていると、それだけ肌には栄養分として入ってきます。
逆に色々な成分があるとしても、濃度が薄いということになりますと、それだけ肌には取り入れづらいということになります。

しかし、濃度が濃いものを使う際には、肌に合うかどうかということをテストしてから使った方が良いかも知れません。
たとえば、美白効果のあるものとして、薬なのですが、ハイドロキノン、レチノイン酸というものがありますが、こちらは病院や美容皮膚科などのクリニックで処方してもらうことができるものです。
ドラッグストアなどで配合されていたとしても、とても薄いものです。
しかし、濃さがある程度あるとなりますと、肌に与える影響というものは、よいことだけではないのです。
ですから、そういったことを考えますと、肌に合うのかどうかということは、医師に診てもらってテストをするということもありますし、市販されているものでしたら、できるだけサンプルを使ってみることから始めるというのが有効的な方法ではあります。

サプリメントでの摂取量について

2014年10月13日 / 未分類

nayamu01_mアスタキサンチンは抗酸化力がとても優れており、育毛によいとされている成分(カロテノイド)を含んでおり、主に鮭やいくら、カニ、甘エビなどの魚介類から摂取する事が出来ます。
ただこれらの中には高級食材と呼ばれるものも含まれており、毎日摂取するというのは難しいのが現状です。
なぜ魚介類に多く含まれているかというと、魚介類はアスタキサンチンを多く含む食べ物を摂取して生きているからなのです。
アスタキサンチンをサプリメントで摂取する場合は、商品によって異なりますが、1日1粒~2粒程度飲むケースが多いです。
加齢と共に起こりがちな視力低下にも有効で、ブルーベリーエキスやルテインなどといった成分と一緒に摂取できる物もあります。普段から健康に気を配っていても、体に異常をきたしているケースはありますが、食事だけですべての栄養をまかなうというのは料理に自信のある方でも難しいので、1日の摂取量をクリアするために食事と栄養補助食品を併用する方が増えているのです。
アスタキサンチンは生活習慣病の予防にも効果があるとされています。
自分は健康的だと思っていても、知らず知らずのうちに体調が変化している可能性はあり、食生活の乱れが病気に繋がります。
様々な病気の予防のために摂取した方が良い成分と言えるのです。

アスタキサンチンが多く含まれる食品は?

2014年10月13日 / 未分類

毎日を健康に過ごす健康ブームにおいて、この言葉が脚光を浴びるきっかけとなったのが体の酸化になる危険性です。この酸化というのは人間は呼吸をすることで代謝を起こして細胞を若返らせて脂肪を燃やし活力としますが、その酸素が役目を終えると体に残るのですが紫外線や不摂生が原因で活性酸素となり体に悪影響を与えることになります。そのため毎日を健康に過ごすに置いて近年この活性酸素を除去する力のある食品として注目されているのがアスタキサンチンであり、これは海に生息する生き物の中で赤色を帯びているものに等しく含まれている特有の成分です。このアスタキサンチンを摂取すると酸化の原因のひとつである体内にある余分な脂肪を燃焼させる効果によって酸化しにくい環境を作り、そして体の中に存在している活性酸素にも影響をして古くなった酸素と悪い影響を結び付けているものを切り離して無害化する効果があるため健康によいといえます。この成分が入っているはカニやエビと鮭といくらといったものがそれに該当し、これらの中でこのアスタキサンチンが多く含まれるのは鮭とその子供であるいくらです。その理由としては鮭は水深が浅い海底にすむため、そのえさにはこの成分が入っているオキアミといったエビやカニの子供を好んで食べるため必然として多くの成分を蓄積できることが理由と言えます。

ダイエット効果

2014年10月13日 / 未分類

diet01_mダイエットを行うには、食事制限・有酸素運動・筋力トレーニングの三本立てで行うのが効率的です。
食事制限についてはまず、理想体重を求めておいて、その体重を維持するのに必要なカロリーを算出し、これを一日の摂取カロリーの上限とします。ここからタンパク質・炭水化物・脂肪の三大栄養素をグラム単位で計算できますから、それを日々の食事メニューに活かして行きます。食事回数はできれば3回より5回程度が効率的です。食事回数が増えれば1回当りの分量が減り、継続することによっていいが小さくなり、過食が防げます。またタンパク質は1回の食事で40gまでしか摂取できませんが、1日3回の食事では40gを超過してしまう可能性があるのです。そして皮肉なことに超過分は脂肪として摂取されてしまいます。
このような食生活を続けて行くと、体脂肪の新たなる蓄積を防ぐことができるでしょう。そして有酸素運動を行うことによって、既に蓄積されてしまった体脂肪を効率的に減らします。脂肪燃焼という言葉がよく用いられますが、これは運動を開始することで脂肪が脂肪酸とグルコースに分離、脂肪酸は血流に乗って各部位の筋肉に吸収されます。そして筋肉中の酸素と出合って燃焼される、というイメージです。方法はウォーキングが良いでしょう。負担が軽いのでハードルも低いはずです。ただし効率化を考えると、朝食前が最適です。このタイミングにおいては血糖値が一番低いので、最初に糖が消費され、続いて速やかに脂肪燃焼に移行するからです。30分程度のウォーキングで十分な効果が得られます。
そして筋力トレーニングで筋力がつけば、基礎代謝効率化が期待できます。

お肌の水分量を保つ働き

2014年10月13日 / 未分類

肌の皮脂膜の下にある角質層に約30%の水分が含まれているからです。角質細胞自体は硬いケラチンタンパク質で出来ていますが、水分を含んでいるために肌は柔らかく感じます。
肌の水分量は、皮脂、天然保湿因子、角質細胞間脂質という三つの物質によって一定に保たれます。この三つの因子が加齢などにより減ってしまうと、角質層の水分も減り、皮膚は乾燥した状態になります。
また、長時間熱いお風呂につかっていたり、脱脂力の強い石鹸で体を洗いすぎると皮脂と角質肝細胞が流れ出てしまうので、肌は乾燥してしまいます。風呂上りに肌がつっぱると感じることがありますが、これは皮脂や角質細胞間脂質が流れ出て減少してしまったために起こります。
他にも、空気が乾燥していると角質層の水分は蒸発して乾燥してしまいます。
肌の保水力を保つには、洗顔や洗顔後の肌のケアに気をつける必要があります。
洗顔は皮脂や角質細胞間脂質が流れ出ないように、洗いすぎないことが大切になります。石鹸を泡立てて優しく洗うだけで汚れや不要な古い角質は落ちるので、ゴシゴシ洗う必要はありません。洗ったら石鹸が残らないようにしっかり洗い流すことも必要です。
洗顔後のケアは化粧水で保湿し、それからクリームなどの油分のある化粧品を塗ることで、肌の水分が蒸発するのを防ぐことができます。

お肌のコラーゲンを守る働き

2014年10月13日 / 未分類

hadaare01_l年齢を感じさせないつややかでハリのある美肌、憧れますよね。しかしどうしても年齢とともにお肌のみずみずしさやハリは失われていきます。やはり寄る年波には勝てないのでしょうか。
私たち人間は約60兆個もの細胞から成り立っています。それらの細胞が活性酸素によって錆びついてしまうことが老化の原因なのです。活性酸素の原因はいくつかありますが、その一つが紫外線の浴びすぎです。
紫外線は肌に良くないことは今や周知の事実となりました。紫外線による日焼けがしみやそばかすの原因ということはほとんどの人が知っています。しかし、実はしわやたるみの原因ともなるのです。
肌の奥にある真皮層にはコラーゲン繊維が網目状に張り巡らされています。しかし、それが老化や紫外線などの影響で弾力が弱くなると、それがしわやたるみとなるのです。
活性酸素の中でも紫外線を浴びた時に発生するのが一重項酸素です。この一重項酸素がしわやたるみの原因だったのです。ここでアスタキサンチンの登場です。強い抗酸化作用を持つアスタキサンチンは、活性酸素の中でもこの一重項酸素に強い効力を発揮すると言われています。アスタキサンチンで、紫外線によるしみやしわを防ぐことができるのです。

紫外線からお肌を守る働き

2014年10月13日 / 未分類

紫外線の浴びすぎが肌に良くないことは皆の知るところとなりました。しかし、なぜ美容に良くないのか詳しくご存知の方はそう多くはないでしょう。
シミの原因はメラニンであることをご存知の方は多いでしょう。肌が刺激を受けた際、その刺激から肌を守ろうとメラノサイトで作られるのがメラニンです。本来ならメラニンは肌のターンオーバーとともに体外に排出されますが、何らかの理由で肌に残ってしまったのものがシミなのです。
実はシミだけではないのです。光老化はシワをももたらすのです。肌の内側にある真皮層にはお肌にハリをもたらすコラーゲンが張り巡らされています。それを傷付けるのが一重項酸素と言われているのです。一重項酸素はコラーゲン同士の結びつきを弱めるだけでなく、コラーゲンの量そのものも減少させてしまうのです。
そこでアスタキサンチンの登場です。カロテノイドの一種であるアスタキサンチンは強い抗酸化作用で知られています。老化現象の原因である活性酸素にはいくつか種類があるのですが、アスタキサンチンはその中でも一重項酸素を抑制する効果が期待できるのです。つまり、アスタキサンチンの高い抗酸化作用によって、肌の光老化を防ぐことが可能なのです。

アスタキサンチンの性質

2014年9月25日 / 未分類

diet02_mサケやエビ、カニなどに含まれるカロテノイドの一種のアスタキサンチン。配合する美容液が販売されていることから名前をご存知の方は多いでしょう。しかし、このアスタキサンチンがどういった性質を持ち、美容のためにどういった効果があるのかを理解している人はそう多くないようです。そこで、このアスタキサンチンの性質について簡単に解説します。
このアスタキサンチンは抗酸化作用があると言われています。人間は約60兆個もの細胞から成り立っていますが、それらの細胞1つ1つを錆びさせる原因が活性酸素です。その錆びの原因を抑制する作用があるのが抗酸化物質なのです。
アスタキサンチンは中でも一重項酸素に対して大きな効果があるとされています。紫外線を浴びたときに、皮膚に発生し、シミやシワの原因といされているのが一重項酸素なのです。美肌の大敵であるシミやシワを作り出す一重項酸素をこのアスタキサンチンは防ぐことが可能なのです。ある研究によるとアスタキサンチンがβカロテンの40倍、ビタミンEの550倍もの活性を示すとされています。
またアスタキサンチンは、老化の原因である細胞膜での脂質過酸化反応を抑える力が非常に強く、ビタミンEの1000倍とも言われるほどです。

TOPへ戻る