お肌のコラーゲンを守る働き

2014年10月13日 / 未分類

hadaare01_l年齢を感じさせないつややかでハリのある美肌、憧れますよね。しかしどうしても年齢とともにお肌のみずみずしさやハリは失われていきます。やはり寄る年波には勝てないのでしょうか。
私たち人間は約60兆個もの細胞から成り立っています。それらの細胞が活性酸素によって錆びついてしまうことが老化の原因なのです。活性酸素の原因はいくつかありますが、その一つが紫外線の浴びすぎです。
紫外線は肌に良くないことは今や周知の事実となりました。紫外線による日焼けがしみやそばかすの原因ということはほとんどの人が知っています。しかし、実はしわやたるみの原因ともなるのです。
肌の奥にある真皮層にはコラーゲン繊維が網目状に張り巡らされています。しかし、それが老化や紫外線などの影響で弾力が弱くなると、それがしわやたるみとなるのです。
活性酸素の中でも紫外線を浴びた時に発生するのが一重項酸素です。この一重項酸素がしわやたるみの原因だったのです。ここでアスタキサンチンの登場です。強い抗酸化作用を持つアスタキサンチンは、活性酸素の中でもこの一重項酸素に強い効力を発揮すると言われています。アスタキサンチンで、紫外線によるしみやしわを防ぐことができるのです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る